ジンギスカンはソウルフード

娘は北海道の出身で、今は本州の島根に住んでいます。

今でも北海道の風習的な物が抜けないのですね。夏、海水浴に行って焼き肉をするそうですが、そのたびジンギスカンを送れと毎年言われます。北海道では夏の海水浴だけでなく花見でも、人が集まればジンギスカンが定番なので、それが体に染みついているのですね、きっと。

北海道には有名なジンギスカン屋さんが幾つもあり、それぞれたれに工夫を凝らしたもので、言ってみれば各市町村ごとの味があると言っても過言ではないような状態なので、いわゆるソウルフードと言えるでしょう。
今でこそお取り寄せは定番になりましたが、昔は冷凍の物を送るだけでも大変でしたよね。でも、子供が食べたいと言われたら送ってしまいますけれど。

最近は有名店であれば、どこでもジンギスカン通販お取り寄せが出来るようになりました。各店ごとの味を食べ比べることもできるのです。そんな時代になったのです。
ジンギスカンは、北海道ではごくごくポピュラーな食べ物。焼肉より人気で、大勢集まったときでも自分たちの家族だけでもしょっちゅう食事に登場する家庭の味なのですが、何かのはずみでマスコミ。テレビやラジオなどに出たらそれこそパンクするほどの注文の状態になるそうです。いつでも取り寄せられるしわざわざ北海道から取り寄せなくても、地元の少し大きめのスーパーとそんなに変わらないと思うのですが、そこまで行かなくても食べられることを選ぶのですね。

そこそこの味には、気候風土ということも含まれているのではないかと思うのですが、そこの風を感じて食べるから美味しいということだってありますから、あまりお取り寄せばかりではなく、現地に行って本当の物を、食べていただきたいと思います。