80%が成功

私の親戚がした経験談ですが、彼女は上の子供3人共男の子でそろそろ女の子も欲しいな?と思い友人に相談した所ピンクゼリーの事を知ったそうです。最初は本当にそんな事が…..って思っていましたが、色々自分でも情報を調べた所80%が成功するとの話し。
そもそも女の子を産み分ける理由は膣内が酸性かそうで無いかで決まる。X染色体が受精したら女の子Y染色体が受精したら男の子が生まれます。しかしY染色体は酸性に弱く逆にX染色体は酸性に強い性質を持っているため膣内をピンクゼリーを使うことによって女の子を産みやすい環境にしています。
でもこれらは必ず女の子が生まれる確率が100%って訳では無いので誤解はしないで下さい。尚使うときは必ず説明書など読んでしっかり理解した上で使いましょう。

今では彼女も無事に女の子を産んで幸せに家族6人で暮らしています。

魔法の薬と思いました。一昔前はそんな考えなんて無く子供は神様からの贈り物だと思っていました、だから性別を自分達で決めたいとかそんな発想は全くこれっぽっちも無かったです。
しかし今ではピンクゼリーを使う事で女の子を産む率が80%って事も言われています、あくまでも80%であって残り20%は失敗する可能性もあるとの事です。しかしそれでも8割が成功出来るって言うのは大きいですよね。
これも全て科学の進化のお陰かも知れません。人は時代とともに進化してきた、同時に科学も一緒に進化してきた、でも決して忘れては行けないのは科学の進化には必ず犠牲が伴っている、それは人の命もあれば誰かの時間やお金だったり様々です。また科学の進化には悪いことばかりではありません。科学が進化すればそれだけ助けられる命も増えると言う訳ですから一概に何が正しいかは分かりません。世の中人の数だけ正解があると思いますから。
ピンクゼリーの詳細はこちら